スピフル、スピーク、スピークバディ、トーキングマラソン類似アプリを徹底比較!スピーキングへの決め手はこれだ!

アフィリエイト広告を利用しています

スピフル、スピーク、スピークバディ、トーキングマラソン類似アプリを徹底比較! スピーキング

この記事では、スピーキング用のアプリとして人気のある「スピフル」「スピーク」「スピークバディ」「トーキングマラソン」の4つのアプリについて、それぞれの特徴や料金などについて徹底比較しています。

どれもスピーキング力の向上には間違いなく効果のあるアプリですが、それぞれに特徴があります。

どのアプリがあなたの目的や予算にピッタリかをじっくりと検討してください。

それぞれのアプリの内容について詳しく知りたい人は、下のリンクボタンより公式サイトを確認してください。
↓↓↓

スピフルの公式サイトはこちら

スピークの公式サイトはこちら

スピークバディの公式サイトはこちら トーキングマラソンの公式サイトはこちら

スピフルなど類似の4アプリを内容や機能などを6項目で比較

まずはスピーキングトレーニングのできるアプリ「スピフル」「スピーク」「スピークバディ」「トーキングマラソン」について、イメージをつかむために一覧表で比較しましょう。

比較は、英語レベル、内容、音声認識の有無、添削の有無、無料体験期間、料金で行います。

アプリ スピフル スピーク スピークバディ トーキングマラソン
特徴 ・瞬発力養成
・1分間スピーチの添削
・フレーズ演習
・ロールプレイ
・フリートーク
・フレーズ学習
・フレーズの実践練習
・瞬発力の養成
・圧倒的発話量のスピーキング練習
英語レベル 初級~上級 初級~上級 初級~上級 中級~上級
英語の内容 ビジネス 日常・ビジネス 日常・ビジネス 日常・ビジネス
音声認識
添削・フィードバック × ×
無料期間 1週間 1週間 1週間 2週間
年間最安料金(税込) 45,980円 12,800円 23,800円 52,536円

それぞれのアプリでできること、できないことや料金の違いがイメージしてもらえるでしょうか。

項目別にどのアプリの機能が充実しているのかなどについて、詳しく見ていきましょう。

学習できる英語レベル

スピフル、スピーク、スピークバディは初級者から上級者まで、幅広いレベルの方がご使用できます。

トーキングマラソンは、中学英語が理解できない方いはおすすめしません。

理由はトーキングマラソン二位は、英文法の解説など中学英語を復讐するためのコンテンツが準備されていないからです。

英語の内容

スピーク、スピークバディ、トーキングマラソンでは、日常英会話からビジネス英会話までをカバーしています。

スピフルはビジネスで使える英語をターゲットとしているため、日常英会話はカバーされていません。

ただどちらも英会話ですので、スピフルで勉強したからといって日常英会話が上達しないということはありません。

音声認識機能の有無

すべてのアプリでAIを使用しています。

なので、全てのアプリには音声認識機能があります。

音声認識機能があるので、あなたの話している英語が正しいのかどうか、アプリが教えてくれるので学習効率が格段に高まります。

添削サービスとフィードバック機能

スピフル、スピークには、あなたの発話を文字起こしして添削する機能があります。

なぜ修正した方が良いのかについてのフィードバックもあります。

スピフルとスピークの添削は単に間違いの指摘ではなくより本格的なもので、修正すべき理由についてもしっかり指導してもらえます。

無料体験期間

全てのアプリで7日間・1週間以上の無料お試しができます。

トーキングマラソンだけは2週間の無料お試しとなっています。

気になるアプリは無料で試して、どのアプリにするか決めてくださいね。

料金

料金の単純比較がしにくいため、長く英語を勉強すると仮定して1年間の使用料金で比較しました。

スピークにはう帰る機能位応じてプレミアム・プレミアムプラス、プレミアムアンリミテッドがありますが、上の表では最安のプレミアムの料金を示しました。

料金については次の見出しで改めて詳しく説明します。

スピフルなど類似の4アプリの料金を比較

スピフル、スピーク、スピークバディ、トーキングマラソンのそれぞれのアプリの料金を下の表にまとめました。

アプリ スピフル スピーク スピークバディ トーキングマラソン
月額(税込) 5,478円 ・プレミアムアンリミテッド6,800円
・プレミアムプラス4,000円
・プレミアム1,800円
3,300円 4,378円
6ヶ月プラン(税込)     17,800円
(2,967円/月)
 
12ヶ月プラン(税込) 45,980円

・プレミアムアンリミテッド44,000円
・プレミアムプラス29,800円
・プレミアム12,800円
23,800円  
12ヵ月プラン料金を月当りに換算 3,831円/月 ・プレミアムアンリミテッド
3,734円/月
・プレミアムプラス
2,483円/月
・プレミアム
1,067円/月
1,983円/月 (4,378円/月)

添削機能のついているスピフル、スピーク、トーキングマラソンはやや高めの料金設定、中でも添削機能の充実しているスピフルは高めの料金設定です。

スピークの3つのプランであるプレミアム、プレミアムプラス、プレミアムアンリミテッドでは、AIと話すことのできる量が違います。

それぞれのアプリの特徴を次の見出しで詳しく紹介しますので、料金と併せてどのアプリがあなたの目的に一番合うかを検討してください。

スピフル、スピーク、スピークバディ、トーキングマラソンの類似アプリ4選の特徴を解説

ここまででアプリの概要や料金についてお伝えしました。

ここからは、それぞれのアプリの具体的な特徴について詳しく説明します。

アプリ1:スピフル

スピフルの特徴は瞬発力とスピーチ力がきたえらることです。

瞬発力は口頭英作文、いわゆる瞬間英作文で鍛えます。

スピーチ力は、1分間スピーチで鍛えます。

1分間スピーチはテーマに沿ったスピーチを行い、AIの添削でより適切な表現が学べます。

スピフルの例文はビジネスシーンを想定したものなので、特にビジネスマンは実践的なトレーニングができます。

スピフルについて更に詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして下さい。
↓↓↓
スピフルの口コミ・評判は?実際に使った私の口コミ・感想も詳しく紹介!

スピフルを無料体験したい方は、こちらのリンクより公式サイトでお申し込みください。 
↓↓↓

スピフルの公式サイトはこちら

アプリ2:スピーク

スピークの特徴はChatGPTを使ったAIとの会話練習です。

AIの進歩によりかなりリアルな会話ができるようになっており、違和感を覚えることなく会話練習ができます。

スピークには3つの料金プランがありますが、その違いは次のように会話できる量が違います。

料金プラン 会話語数/月 料金(税込)
プレミアム 約1,000語 1,800円
プレミアムプラス 約5,000語 4,000円
プレミアムアンリミテッド 無制限 6,800円

会話練習で月5,000語では少なすぎます。

本当に会話練習をするなら無制限でなければ不満が残るでしょう。

あなたの話した内容はAIがすぐにフィードバックしてくれますので、会話練習には非常に効果的でしょう。

スピークを無料体験したい方は、こちらのリンクより公式サイトでお申し込みください。 
↓↓↓

スピークの公式サイトはこちら

アプリ3:スピークバディ

スピークバディの特徴は、会話の練習をAIキャラクターと行いながら、都度上達のためのヒントがもらえることです。

スピークバディでは、学ぶべきフレーズが会話の中で何度も繰り返し使われるので、反復練習しながらマスターできます。

会話の速度調整もできるので、聞き取りが苦手な方にも使いやすくなっています。

会話の中でヒントやフィードバックがもらえるので、会話を楽しみながらスピーキング力向上に取り組めます。

スピークバディのアプリはこちらのリンクよりインストールできます。
↓↓↓

スピークバディのアプリのダウンロードはこちら  

アプリ4:トーキングマラソン

トーキングマラソンの特徴は、会話を6秒以内に答えるという、会話の瞬発力を重視しているところです。

トーキングマラソンのフレーズはアルクの人気シリーズ「キクタン」より厳選されていており、実用的で応用の効くフレーズが取り上げられています。

トーキングマラソンの注意点としては、解説がないことです。

中学英語がわからない人はやめた方がいいでしょう。

トーキングマラソンを無料体験したい方は、こちらのリンクより公式サイトでお申し込みください。 
↓↓↓

トーキングマラソンの公式サイトはこちら

タイプ別のおすすめアプリ

スピフル、スピーク、スピークバディ、トーキングマラソンについて、特徴をお伝えしてきました。

ここではどういうタイプの人にはどのアプリがおすすめなのかを紹介していきましょう。

ビジネスシーンを重視するならスピフル

スピフルではビジネスシーンを想定した例文で練習を行います。

例文だけでなく、ビジネスシーンで自分の意見をまとめてしっかり相手に伝えるための1分間スピーチがあります。

1分間スピーチではAIによる添削指導も受けられ、スピーチ内容をブラシアップできます。

ビジネスシーンで自分の意見をしっかりと伝えたいなら、おすすめはスピフルです。

スピフルの公式サイトはこちら

ビジネス英会話のほか日常英会話もカバーしたいならスピーク

スピフルもスピークもAIによる添削機能がありますが、スピフルはビジネスシーンに特化しているのに対してスピークは日常会話にも対応しています。

ビジネス英会話から日常英会話まで幅広くカバーしたいならスピークがおすすめとなります。

スピークの公式サイトはこちら

料金を安く抑えたいならスピークバディ

スピークバディはスピークと同じように、ビジネス英会話から日常英会話まで幅広くカバーしています。

スピークバディにはフィードバック機能ので、その分料金も安く設定されています。

料金は安くても内容は充実させたい、という人にはスピークバディがおすすめとなります。

スピークバディのアプリダウンロードはこちらから

たくさん話したいならトーキングマラソン

トーキングマラソンは、発話量を重視したアプリです。

ストーリーを進める中で会話しなければならないシチュエーションがどんどん提示されます。

都度フィードバックを受けられる機能も充実しています。

徹底的に会話量を稼いでトレーニング効果をあげたい人には、トーキングマラソンがいいでしょう。

トーキングマラソンの公式サイトはこちら

スピフル、スピーク、スピークバディ、トーキングマラソンの類似4アプリ比較についてのまとめ

この記事ではスピフル、スピーク、スピークバディ、トーキングマラソンといった人気のスピーキングトレーイング用4アプリを、詳しく見てきました。

ビジネスにはスピフル、日常会話にはスピーク、安さならスピークバディ、会話量ならトーキングマラソンと特徴がありました。

1年間続けるとして、添削機能のないスピークバディはかなり安いですが、その他のアプリはほぼ同じ料金レベルです。

スピークバディ以外のスイフル、スピーク、トーキングマラソンでは無料体験ができますので、迷われている方は体験されてから決められてはいかがでしょうか。

無料体験は以下のリンクよりお申し込みください。
↓↓↓

スピフルの公式サイトはこちら

スピークの公式サイトはこちら

スピークバディのアプリダウンロードはこちらから トーキングマラソンの公式サイトはこちら

コメント